就労定着支援事業所とは

障がい者の就職後のサポートする障害福祉サービスです。長く定着して働けるよう、定期的に担当者が訪問し、就労上の様々な悩み等伺い、就職先企業や関係機関との調整を行います。

支援の対象者

就労移行支援A型、就労継続支援B型(リトファーム南船場)や就労移行(リトハウス長堀橋リトハウス江坂)、自立訓練、生活介護から就職した方。
※当社事業所以外の方も対象となります。

支援の内容

障がい者との相談を通じて生活面の課題を把握するとともに、企業や関係機関等との連絡調整や課題解決に向けて必要となる支援を実施します。

当事業所の担当者が月1回以上のペースで相談のある方とお話します

担当者がご対応致します。

現在の職場での環境や生活リズムなどをお聞きします

お困りごと悩み事をお聞きします。

(例)
  • 仕事でミスが多くて困っている
  • 上司や同僚とうまくコミュニケーションが取れない
  • 体調管理ができず、遅刻や欠勤が増えてしまう
  • せっかく給料をもらっても、お金の管理ができない

企業や関係機関等と連絡調整

関係先機関や企業との橋渡しを致します。

必要な支援

「ご本人」と「企業」の間にたって、さまざまな社会資源を活用しながら職場定着サポートを行います。

サービスのご利用期間

上限3年間(1年ごとに支給決定機関を更新) 
就労移行支援事業所や就労継続支援A型事業所、自立訓練事業所などを経て企業などに就職した方は、就職して半年間はそれまで利用していた事業所で職場定着支援を受けます。
半年経過後、新たに「就労定着支援事業所」と契約を結び、その後最長3年間が就労定着支援のサービスを受ける利用期間となります。