今回のJ-クロシングおすすめ講座は、ラグビーをテーマにした内容です。

と言っても昨年のラグービーワールドカップ2019 日本大会ではなく、ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会での話です。

2015年のラグビーワールドカップでは、日本代表が初戦で「ブライトンの奇跡」と言われる強豪南アフリカに逆転勝ちをする世界のラグビー史に残る戦いを行います。

そのチームをメンタルコーチとして支えた荒木香織さんの話は、スポーツファンでなくても興味深い内容です。

印象深い五郎丸選手のルーティンを一緒に作り上げた方で、五郎丸選手の話も出てまいります。

楽しく見ていただくために以下の点を頭に入れていただくとよいと思います。

  1. この時の監督エディー・ジョーンズは、日本代表監督に就任する時点で世界的名監督です。超スパルタで自分自身にも厳しい監督。
  2. エディ・ジョーンズが就任するまでのラグビー日本代表は、世界的には弱いです。1995年のワールドカップでニュージーランドに145点を取られて負けています。
  3. 南アフリカはラグビーが非常に強い国です。1995年、2007年、2019年とワールドカップで3回優勝しました。
  4. ラグビーでは、実力の弱いチームが強いチームに勝つこと(ジャイアントキリング)が非常に少ないスポーツと言われています。

 

そして、もし「ブライトンの奇跡」に興味を持たれたら、廣瀬 俊朗さんの動画もご覧になってください。


元ラグビー日本代表主将 廣瀬 俊朗 「進化を楽しむ」

エディー・ジョーンズの日本代表で最初にキャプテンだった廣瀬選手の話です。廣瀬選手は途中からキャプテンとレギュラーを外れますが、チームをサポートして大会の行われたイングランドまで行きます。複雑な思いなども語っておられ大変興味深いです。

荒木さんの話には廣瀬さんの話が出てきますし、逆もあります。

両方見ると面白い。

スポーツ好きなら絶対に見てほしいですが、スポーツに興味がない人も是非見てください。

でも、その前に動画サイトで、ブライトンの奇跡の逆転勝ちするところを見ると盛り上がりますよ。