精神障害|就労移行支援事業所

法律における精神障がいの定義

「精神疾患」や「精神障がい」については、法律や診断基準によってさまざまな定義があり、国際的にも、まだ統一されて

いません。そのため、国によって、また、判断する医師などの専門家によって病名や障害名が異なる場合があるのです。

日本でも、法律によって精神障がいの定義は異なります。「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」(精神保健福祉法)

では、「精神障がい」を「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質 その他の精神

疾患を有するもの」(第5条)と定義しています。

しかし、一 般によく知られているうつ病やそううつ病などの「気分障がい」の例示もなく、「その他の精神疾患」に

ひとまとめににされていたり、知的障がいも含まれていたりと、とても幅広い定義になっています。一方、「精神障がい者」

は「障害者基本法」で、「精神障害があるため、継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者」(第2条)

とされています。前者が、医学的な視点から、障がいを個人の責任とする一方向的なとらえ方をしているのに対し、後者は

社会とのかかわり合いの中で、障がいを多角的にとらえようとしています。

先に見たように国際的な規格(→ICF;p.18)においても、昨今は、後者のような福祉的な視点で、個人の尊厳を大切に

しようとする考え方へと変化してきています。

心の病と精神障がい

精神疾患には、原因によって心因性、外因性、内因性などの分類がありま す。また、それらの原因が相互に影響し合って

起こることもあります。精神疾患は単に、遺伝や、親の育て方、その人の性格などが原因ではありません。 「うつ病」や

「統合失調症」は、ストレスや生活環境などのなんらかの原因によって、脳内の神経の情報を伝達する物質(神経伝達

物質)のバランスが 崩れることによってひき起こされると考えられています(内因性精神疾患)。

つまり、「脳の病気」であり、だれでもなる可能性があるのです。

精神

精神疾患が起こると、その症状からさまざまな「生活のしづらさ」が生まれてきます。こうした困難は、病気だけが

原因ではなく、社会環境や個人の状態などがかかわり合ってひき起こされます。この「生活のしづらさ」がある状態を、

精神障がいととらえます。

精神障がいは生活にどのような影響をおよぼすの?

精神障がいがあることによって、その人が感じる大変さやつらさ(生きづらさや生活のしづらさ)には、具体的にどのような

ものがあるでしょう。

                【精神疾患の症状による生活のしづらさの具体例】

精神2

たとえば、うつ状態や、やる気が起きないもどかしさ、また、幻聴・幻覚、 妄想などの症状は、はた目には見えにくく、

他人から理解してもらいにくいという側面があります。そのため、「怠けている」「何を考えているかわからない」

「つき合いづらい」などの印象をもたれる場合もあります。 精神障がいのある人が経験する症状は、一人ひとり違います。

その人にしか わからないつらさがあるということを、周囲の人たちが正しく理解して、一緒に過ごしやすい環境をつくる

ことが大切です。

*日本精神保健福祉協会資料より

 

ページの先頭へ