知的障害|就労移行支援事業所

知的障がいとは、どんな種がい❔

生活に必要な力(知的能力や適応能力など)に限りがあることによって、社会生活がうまく送れなくなっている状態。

 

こんなことで苦労しがち・・・

お金難しい理解切り替え

 

 

 

 

 

 

 

 

年代別、どんなことが起こりやすいのだろう?

           学校に通う時期・・・                      大人になると・・・

勉強解らないsigoto

家事出来ない

仕事内容×

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちはいろいろ

わからない   孤立   話についていけない   自信がない

また叱られた・・・   どうしたらいいの?   精一杯やっているのに・・・

 

⇒小さい頃は、特徴が目立たないこともあります。

歳とともに、自分がやらないといけないことが増えると、困りごとが増えて、周りや本人が気づくことがあります。

どうしたら生活しやすくなる?
 
身近な人ができること
 良いところを言葉で伝えます。

  例) 「丁寧だから助かるよ。」「正解だよ。」など。本人が強みを実感

     できるように。

     (苦手があること、本人のせいではないことを理解します。)

     (本人が持っている力をサポートします。)

  例) 質問しやすい雰囲気や時間をつくる。

    本人の見える位置から、顔を見て、穏やかな口調で話す。

    具体的に短い言葉で伝える。

    ジェスチャーをそえる。

    繰り返し体験して覚えることを手伝う。

    見本を示す。

 
本人ができること
自分の良いところ(強み)を見つけます。

  家庭や職場で、得意なことや出来る事を生かしている人がいます。

苦手なことは、どうすればよいかを考えます。

     例)   一人で上手くいかない時はSOSを出す。

        「手伝ってください。」

       メモをとる、「1つずつ教えてください。」とお願いする。

 健康を大切にします。

     例)  好きなことをしてリラックスする時間をつくる。

        定期的に身体を動かす

ページの先頭へ