発達障害について|就労移行支援事業所大阪

発達障がいは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障がいです。発達障がいがある人は、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。それが、親のしつけや教育の問題ではなく、脳機能の障がいによるものだと理解すれば、周囲の人の接し方も変わってくるのではないのでしょうか。

ここでは、発達障がいのある人を理解するために、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がいなど、主な発達障がいの特徴を紹介します。なお、発達障がいは、複数の障がいが重なって現れることもありますし、障がいの程度や年齢(発達段階)、生活環境などによっても症状は違ってきます。発達障がいは多様であることをご理解ください。

障害の特性

*政府広報オンラインより

発達障がいを持つ人には、適切な支援が必要です。

現代のスピードや臨機応変さが求められる職場では生きづらさがあるのが発達障がいの人の共通の特徴です。

しかし、発達障がいの傾向があっても、特徴を活かせる職場環境・職種・コミュニケーションの方法などを

組み合わせることや、適切な支援を受けることで、強みを生かし弱みを見えづらくできる可能性が高まります。

ページの先頭へ